決算SALE最大50%OFF

UGS - ハンドメイド・手作り用の天然石ビーズ、アクセサリーパーツ通販

  • 送料について

お知らせ

よくある質問

        注文について

        電話で注文はできますか?

        FAXで注文はできますか?

        追加注文や同梱はできますか?

        会員でなければお買い物できませんか?

          支払いについて

          領収証の発行はできますか?

            配送について

            発送までにどれくらいかかりますか?

            簡易梱包は可能ですか?

              返品について

              返品、交換はできますか?

                その他

                メールが届かない

                実店舗やカタログはありますか?

                商品の在庫は?

                Web上の画像を使用してもいいですか?

配送方法、送料に関する大切なお知らせ

【配送方法、送料に関する大切なお知らせ】

いつも天然石問屋UGSをご利用いただき誠にありがとうございます。

これまで当店では、お客様よりご注文いただいた商品を佐川急便にてお届けさせていただいてきましたが、10月16日(金)より、ネコポス【ヤマト運輸】での発送ができるようになりました。
小さい商品や少しのお買い物に対してネコポスをご利用いただくと、とてもお得な料金で届けすることができます。

◆ネコポス:全国一律送料220円(4,990円以上で送料無料)
※数量、サイズや重量オーバーによりネコポスでの発送ができない場合がございます。

また、配送会社の配送料値上げのため佐川急便の送料と送料無料の基準を変更させて頂きます。

【変更前】
◆送料380円(沖縄・離島850円)
4,990円以上で送料無料(沖縄・離島は8,500円以上)



【変更後】
◆送料450円(沖縄・離島950円)
4,990円以上で送料無料(沖縄・離島は9,990円以上)

変更時期:10月16日(金)18:00から上記の変更を適用させていただきます。

当店としましても今回の配送方法と送料の変更は大きな決断でしたが、 今後より一層お客様に天然石やクラフト、ハンドメイドを楽しんでいただくためには 大切な変更だと考えております。

今回の配送方法、送料の変更につきまして お客様にはご理解をいただければ幸いです。

今後とも「天然石問屋UGS」を どうぞよろしくお願い致します。

天然石問屋UGS
柳橋孝志

価格について

価格について

いつも天然石問屋UGSをご利用いただき誠にありがとうございます。

当店では、これまでに仕入、流通コストを大幅に削減し、品質を維持し価格を据え置いてまいりました。しかしながら、近年急激な為替レートの変動による円安基調と海外現地での人件費、原材料の高騰に伴い、従来の価格を維持することが困難な状況となっております。

大変心苦しいお知らせではございますが、ほとんどの商品を世界各地から輸入しているため、今後は現地での仕入れ時の為替レートにより価格を柔軟に変動させていただきます。

これからも一層の品質・サービスレベルの向上に取り組み、さらなるご満足をいただけるよう頑張ってまいります。

何卒、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

天然石問屋UGS
柳 橋 孝 志

UGS Tucson 2013 Report

Tucson レポート

UGS Tucson 2013 Report

 2月1日から11日までお休みをいただきアメリカのアリゾナ州にある街ツーソンまで買い付けに行ってきました。日本への入国許可がおりて無事に戻ってくることができました。買い付け休業中にいただいたオーダーもスタッフ全員で発送しております。本当に長い間おまたせしてすみませんでした。

 さて、今回のツーソンの買い付けを終えて色々感じたことをまとめて皆様に報告したいと思います。あくまでもUGS的な目線での評価です。感じ方は色々あると思いますがその辺りを考慮して読んでいただければと思います。

 今回、明確に感じことは大きく別けて3つあります。1つめは「新興国の勢いが凄い」こと。2つめは「会場全体で二極化が始まっている」こと。3つめは「トレンドの変化」です。

 1つめの「新興国の勢いが凄い」ということは3年ほど前から始まっていました。経済的な成長に合わせたようにブラジル、インド、ロシア、中国などのお店が充実し始めました。それぞれの国の特性に合わせた販売形態で興味深かったです。

 例えば、ブラジルは多くの鉱物の原産地なので原石などが非常に充実しています。インドは品質が低いながらも安価なものを中心に販売しています。過去と比べると品質が良くなっていることに注目です。中国は世界の工場と評されるだけあってあらゆる鉱物を加工して販売しています。加工された鉱物はツーソンではあまり人気がないということも垣間見えました。そして、もっとも注目すべきはロシアです。自国で産出するチャロアイト、クリノクロア、シュンガイトにおいては他国を圧倒する存在でした。品質も素晴らしい物ばかりで今後が楽しみです。

 2つめの「会場全体で二極化が始まっている」というのは、ツーソンの街全体で複数点在する会場で活気がある会場と活気がない会場が非常に明確になり始めました。毎年おなじ会場に出展していたお店が少しでも人気がある会場へ移動することも珍しくありません。また、ツーソンに参加しなくなったお店も増えました。その分、新興国が出店しています。過去に比べると全体的に参加者が少ない印象を受けました。

 3つめの「トレンドの変化」ですが、ほんの数年前まではラリマーやロードクロサイト(インカローズ)が流行していましたが、お店が一気に減少しました。産出量が影響しているのかもしれませんが、明らかにトレンドが変化しています。水晶など大量に産出する鉱物の品質は良いのですが、スーパーセブンやターコイズなどは品質が下がっている印象を受けました。

 これらの3つの要素は数年前から始まっていたことですが、2013年に明確になった気がします。日本へこの流れが伝わるのは数年後になると思いますが、世界の天然石界の状況はこのような様子です。しかし、ツーソンで開催されるショーは鉱物の質や量において世界一であることは間違いありません。僕のような鉱物好きにとっては最高の場所であり、すでに来年のことを考えているくらい魅力的な場所です。

ハンドメイド・手作りレシピ 新規会員登録はこちら
  • HOMEへ
  • 会員登録
  • ログイン
  • カートを見る

ハンドメイド・手作りレシピ ハンドメイド・手作りの基本テクニック 天然石ノート お客様の声

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 休業日

お得な情報を月1~2回配信しています。メルマガ登録はこちらからどうぞ。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ